外壁塗装・断熱防水

外壁塗装工事の流れをご紹介!

外壁塗装工事の流れ

外壁塗装工事の流れ

1.ご近所様へのご挨拶をします。

ご近所様への配慮でスムーズな工事になるよう、工事開始のお知らせのお手紙をもってご挨拶に回ります。

施工前

施工前状況

2.足場を組み立てます。

建物を傷つけないよう、注意して足場を組み立てていきます。 足場の組み方によって、手が届きにくい箇所が出てしまうと、塗り残しや塗りムラなどを発生させる要因になりかねませんので、安全で使いやすいように足場を組み立てていきます。 また、近隣にはペンキ等の飛散防止のため、養生ネットを取り付けたり、車などにもビニールシートをかけ最新の注意を払います。

足場組立

3.高圧洗浄で外壁の汚れを落とします。

専用の高圧洗浄機で、外壁に付着した汚れ、コケや水あか等を取り除いていきます。外壁が汚れたまま塗装をしても、キレイな外壁に仕上がりません。 高圧洗浄は、キレイな外壁塗装にするために重要な作業工程ですので、職人が丁寧に外壁を洗浄します。

高圧洗浄

4.コンクリート補修を行います。

外壁や屋上の状態によっては、コンクリート補修が必要な場合があります。外壁塗装を始める前にコンクリートの亀裂やひび割れ部分の補修を行います。塗装をする前に行う大事な下地補修となります。

サンダー
シーリング

5.養生します。

外壁塗装時には少なからずまわりに塗装が飛び散ってしまうことがありますので、アルミサッシや窓、植木などにペンキがつかないようにビニールやテープ、布などで覆って養生していきます。

養生

6.塗装します。

ひび割れ等のコンクリート補修を終わると、いよいよ塗料を塗っていきます。下塗り・中塗り・上塗りの3工程に分けて塗装を行います。

下塗り

下塗り

まずは下塗りを行っていきます。下塗りの主な役目は、その上から塗る塗料をはがさせないように接着させ、耐久性やキレイに仕上げるための重要な工程です。

中塗り

中塗り

下塗りの次は中塗りとなります。中塗りは塗りに厚みを持たせることで長持ち、耐久性や強度を向上させる目的があります。

上塗り

上塗り

最後は上塗りとなります。上塗りでは「キレイな仕上がり」を重視して熟練職人の技でじっくり丁寧に仕上げていきます。

7.感動の完成です!

最終点検を行います。外壁の仕上がりはもちろん、ゴミやペンキ汚れなど細かい点を隅々までチェックします。最終点検後にお客様に仕上りを確認して頂きます。ご納得頂いたら足場を外してついに感動の完成です!

外壁塗装完成

外壁塗装 完成状況

8.アフターフォロー

工事完了後、保証書を発行いたします。もし、工事の不具合が出てきた場合は、もちろん無償で改修、改善いたします。アフターフォローは万全です。
私共は補修工事完了後から本当のお付き合いが始まると思っています。 お住まいの事でご相談やご質問があればいつでも遠慮なくご連絡ください。どうぞ末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

お気軽にご相談・お問合せください。

合同会社リノベーションアースでは、電話・FAX・メールにてご相談、お問い合わせを受け付けております。メールでは24時間365日お問い合わせを承っていますので、ご都合のよろしいときにご利用いただけます。なお、メールでは無料見積りも申し込み可能です。

電話お問い合わせ メールお問い合わせ

当社では、お客様が気軽に利用できるようさまざまなサービスを用意しています。新電力サービス・外壁塗装・屋上防水工事をお考えなら、ぜひ沖縄市の合同会社リノベーションアースをご利用ください。

無料見積り・お問合せはこちら