沖縄県で住宅の外壁塗装(ペンキ塗替え)・屋上防水工事を専門に行っている合同会社リノベーションアースです!私共は安心と安全を第一優先し皆様との繋がりを目的としています。

塗装・防水の必要性

外壁塗装の必要性
建物の寿命を延ばす
本来、外壁や屋根の塗装は、雨風・太陽光・熱・排気ガスなどから建物を守るためにあります。
特に沖縄は台風などの塩害も重なり、年月の経過とともに進行する劣化がとても早いです。ひび割れから水がしみ込み、腐食が進み、腐食が進めば建物の強度にも影響します。

塗り替えを行うことで、建物に新しい膜を作り、建物の寿命を伸ばす事ができ、補強効果もございます!
よい家に長く住むためには、塗り替えが必要なのです。


防水効果
屋上や屋根からの雨漏りだけでなく、ひび割れた壁などから雨漏りすることもよくあります。外壁塗装をすることで、そういったひび割れなどを補修し、お住まいの老化をストップさせます。


遮熱・断熱効果
塗料の種類にもよりますが、直射日光などによる外壁や屋根表面の温度上昇をおさえる効果があり、部屋の温度差を少なくしてくれます。また、省エネ効果もあり、断熱性の高いものと併用することで冬場の温度も安定します。


耐久効果
塗料の種類にもよりますが、塗装することで外壁の耐久性を高めることができます。
外壁の耐震効果を高めます。外壁の種類によっても異なります。


美観
外壁を塗りなおすことで、外観がキレイになり資産価値も上がります。お孫さんやお子様達に残す大切な財産でもありますので、きれいな建物と汚れている建物とでは印象が違います。次世代に残す建物とする為にも早めの塗り替えをお勧めします。
また、以前と違う塗装にすれば、イメージチェンジにもなりますし、気持ちよく暮らすこともできますよね。


今後の塗り替え費用がお得
一般的に外壁・屋根を塗ってから7~10年の経過がベストのタイミングと言えます。
それ以上の年数を重ねると、老朽化が進むことで、補修箇所などが多くなり、費用も高額になって来ます。

定期的に診断・塗り替えを行い劣化を最小限に抑えることで、今後の塗り替え費用はトータルで見てお得になります。



屋上・屋根・ベランダなど防水工事の必要性

防水工事とは、建物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が染み込むのを防ぎます。

建物の中でもっとも風雨にさらされ傷みやすい屋根、屋上。
どんなに丈夫に作られていても、経年とともに少しずつ劣化していき、いつの間にか建物全体の劣化や雨漏りにつながってしまいます。

特に鉄筋コンクリート構造物において、漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく建物の耐久性能が著しく低下し始めます。
シーリング工事や補修工事と同様にコンクリートの寿命を延ばすためには不可欠の工事です。

その他にもベランダなど、雨や水の浸入の可能性がある部分には防水工事を行ないましょう。防水工事を行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。


遮熱塗料・防水について
夏に室内が暑くなるのは、太陽光に含まれる近赤外線が建物表面の温度を上昇させ、その熱が家の中に侵入するためです。そのため日差しが直接差し込む窓だけでなく、屋根や壁からも熱は室内に入り込んでいます。


特に屋根は昼間の表面温度が60℃にもなることがあり、天井を通り抜けて2階の居室へ熱が伝わり、室内温度を上昇させることで暑苦しい室内環境が作り出されています。

こちらの遮熱塗料を使用すれば、昼間の外部表面温度が約15℃ほど低くなり、室内も2~3℃ほど低くなります。
屋根・外壁からの熱を遮ることは夏の快適な家づくりにおいて重要なことなのです。


お住まいが快適な涼しさになる
遮熱塗料は高日射反射率塗料とも呼ばれ、温度上昇の原因である近赤外線を反射することにより、塗膜や躯体の温度上昇を抑制することができる塗料です。

建物の屋根、外壁に塗布することで室内温度の上昇を抑制し、室内環境の向上とともに、躯体の熱劣化を抑制するなどの効果があります。
まさに塗るだけで建物を涼しくすることができる塗料なのです。

温度上昇の原因である近赤外線を反射する他にもこんなメリットがあります。


エアコンなどの光熱費を削減し、節電に貢献
屋内の温度上昇を抑えることにより、エアコンの負担を減らし、光熱費を削減することができます。


CO2排出削減となり、環境への負荷を削減
エアコン使用量の削減により、二酸化炭素の排出が抑えられます。
地球温暖化対策にも非常に有効です。




メール問合せ